「PHaT PHOTO’S」第4期契約作家 募集中 FAQ(2/2)

公開日: : お知らせ

2014/06/22(日) フォトニコ1F 交流ラウンジにて、安藤 菜穂子さん(「PHaT PHOTO」編集長)・清水純一さん(PHaT PHOTO’S)をお招きしてトークイベントを開催、PHaT PHOTO’S 契約作家の内容と実績をお話しいただきました。

PHaT PHOTO’S 第4期 契約作家の応募期限は 2014/07/21(月・祝)です。

0715_01

 

「PHaT PHOTO’S」応募に関する FAQ

Q. データサイズは1枚30~80MBで提出ですか?

A. 契約後、上記デジタル基準で作品の提出をしていただくことになりますが、応募時はこの限りではございません。審査時は、ご応募いただいたデータを完成版の作品として審査をさせていただきます。詳細は「提出物について」をご確認ください。

Q. 「風景」と「人物」、両テーマを提出したい場合は、審査料は2倍ですか?

A. いいえ。ひとりあたりの審査料が8,400円です。両テーマ提出いただいた場合も、8,400円でご応募いただけます。

Q. コンセプト、ステートメントは必要ですか?

A. コンペではございませんので、コンセプトやステートメントなテキストを元に判断することはありません。ただ、アマナイメージズとの協力体制になるので、「ストックフォト」として作品販売していくことを前提に審査を進めることになります。

Q. 契約後も「人物」「風景」というテーマで作品を提出するのでしょうか?

A. 契約後はこちらからテーマを設定することはございませんが、作家の個性をベースに、運営側からどのような作品が売れやすいなどのレクチャーや、どのような作品を作って欲しいといった要望をさせていただくことにはなります。

Q. どのような作品が求められますか?

A. 「ストックフォト」として作品販売していくことが前提となりますが、既存のストックフォトのイメージではなく、写真作家のみなさまの新鮮な表現を求めています。どれだけ技術が高くても、既視感のある写真であれば採用しない可能性が高くなります。

これらが正解というわけではもちろんありませんが、現在のメンバーの作品をご覧頂き参考にしていただければと思います。

Q. 今回から、募集が「ライツマネジメント」ではなく、「ロイヤリティフリー」になったのは、なぜでしょうか?

A. 現状のストックフォトでの販売の流れが、ライツマネジメントからロイヤリティーフリーに移行しているためです。ロイヤリティーフリーであることを作家の方には了承いただかなければいけませんが、ストックフォトとして販売し、作家に対してのリターンをきちんと出していくためにもロイヤリティーフリーに変えました。

>>ストックフォト販売サイトamanaimages.comでの作品取り扱いに関して

作品は原則「ロイヤリティーフリー」作品としての取り扱いになります。
※ストックフォトののコンテンツの種類について
ライツマネージド・ロイヤリティフリーとは
アマナイメージズオリジナルロイヤリティフリー利用規約

Q. 個人的にストックフォトに登録して販売されている方もいらっしゃいますが、それ以外にPHaT PHOTO’Sであることのメリットはなんでしょうか?

A. PHaT PHTOや、「PHaT PHOTO」発行する株式会社シー・エム・エスからの仕事依頼の機会があります。また、ストックフォトブランドとしてアマナが扱うのが「マグナムフォト」と「PHaT PHOTO’S」だけということもメリットです。他にも、展示や誌面展開などを予定しています。

0715_5

 

お問い合わせ

「PHaT PHOTO’S(ファットフォトス)」事務局
担当:畠田/首藤
E-mail: info@phatphoto.jp
Tel: 03-5524-6991(平日10:00~18:00)

0715_2

 

5年ぶりの応募機会!

「PHaT PHOTO’S」契約はフォトニコという作品販売イベントとともに写真を売ることにありますがそれぞれを比べると、フォトニコはコンペではないものの作家色が強く一方、「PHaT PHOTO’S」は写真イメージとしてのクオリティが求められるようです。今回は5年ぶりに「PHaT PHOTO’S」契約作家募集です。この機会を活用されてはいかがでしょうか?

>>「PHaT PHOTO’S」第4期契約作家 募集中(1/2)

スマホ用

関連記事

「PHaT PHOTO’S」第4期契約作家 メリット(1/2)

2014/06/22(日) フォトニコ1F 交流ラウンジにて、安藤 菜穂子さん(「PHaT PHOT

記事を読む

招待作家:まるやゆういち Yuichi Maruya

PHaT PHOTO写真教室などで独自のグルーブ感とエンターテイメント性で生徒を魅了する、講師にして

記事を読む

渋谷ギャラリー・ルデコ 工事完成間近!

昨日5月18日(木)工事中の渋谷ギャラリー・ルデコに行ってきました。 4月上旬に視察したスタッフ本

記事を読む

通称「ルデコビル」が「高桑ビル」へ

大事なお知らせです。フォトニコのホームグラウンドであるルデコビルの正式名称が高桑ビルになるそうです(

記事を読む

フォトニコ2017 ファイナル はじまりました!

いよいよフォトニコ2017 ファイナルがオープンしました! 本日6/22(木)より4日間、梅雨

記事を読む

フォトニコ ファイナル 2017

2013年にはじめたフォトニコは今年で5回目の開催となりますが、今年で最終回といたします。併せて公式

記事を読む

さくら開花情報 2014/04/03(木) まだまだ大丈夫!

写真や展示に直接関係はないですが、おそらく増税以上に皆さんが気になっている “さくら開花情報” をお

記事を読む

Satokonno写真展「studium」

2014年に Photons Art Gallery賞 を受賞され個展開催の権利を得た Satoko

記事を読む

フォトニコ2016 Q&A

フォトニコ2016 Q&A ご質問・確認事項は お問い合わせフォーム か、お申し込みの自動

記事を読む

パリフォト・サテライト展示 -nico-

2016年11月にプロトタイプ企画として、パリフォト・サテライト展示を開催いたしました。参加メンバー

記事を読む

スマホ用

スマホ用

  • <2016年>
    ・点数:32点
    ・総額:365,200円
    (Tokyo Institute of Photography)

    <2015年>
    ・点数:191点
    ・総額:1,225,956円
    (渋谷ギャラリー・ルデコ)

    <2014年>
    ・点数:141点
    ・総額:1,233,925円
    (渋谷ギャラリー・ルデコ)

写真業界紙 週刊写真速報にパリ展示掲載!

パリフォト・サテライト展示まで2週間に迫りました。展示メンバーはすで作

フォトニコからAssembling Infinity_03

初夏、フォトニコ開催から早くも4ヶ月経ちすっかり秋模様です。活動パート

10/8(日)第2回アウラ舎蚤の市

フォトニコで賑わったアウラ舎蚤の市、第2回が10/8(日)アウラ舎にて

フォトニコ2017 販売報告

2017年 販売結果 フォトニコ2017は改装後、新装直後の渋谷ギャ

フォトニコ2017 ファイナル 終了!!

5回目の開催となるフォトニコ2017は、4日間の展示期間経て無事終了い

PAGE TOP ↑