PhotoNicoコレクターインタビュー:鈴木雄二の場合<前半>

公開日: : 最終更新日:2017/04/18 作品制作のヒント

PHaT PHOTO写真教室講師:鈴木雄二先生インタビュー

作品を最初に買ったのはいつ頃ですか?

15年〜20年前くらい(正確にいつっていうのは覚えていないのですが)にテラウチマサトさんの作品を買ったのが最初です。

当初はもちろん講師という立場でもないですし、生徒にもなっていない時代で、単純にいちファンとして、コレクションするとかそういう気持ちもなく、純粋にあこがれみたいなところで購入しました。そのときは作品そのものというよりその作家さんが好きで、という感じでしたね。

テラウチマサトさんの作品は何作品か持っています。
弟夫婦にプレゼントしたりもしました。弟自身もそうですが、弟の奥さんが好きだったので。

鈴木さんにとって作品を買うということはどういうことですか?

単に作家のファンとして購入していた最初の頃と、気持ち的に今はずいぶん変化もしてきました。
今は、どちらかというともう少し応援する気持ちが高いですね。その作家さんが作品を表現していることに対して、「あ、こういう世界観がもっと多くの人に拡がったらいいな」というか、自分が買うことはつまり応援になるわけで、そうするとまた次の作品が生み出される可能性があるわけで。なんかそういう応援する感覚が当初よりは圧倒的に強いですね。

もちろん、ビンテージプリントみたいなすでに名前も知られているような作家さんの作品もあこがれというかリスペクトするというような、あの時代にこういうものを見せてくれてありがとう、みたいな価値観を提示してくれていたことへの感謝というか、、そういう基準値で買うものもありますが、それプラス最近はやはり若手のこれからなにか新しいことを見せてくれるような、そういう世界観の人たちを応援する気持ちが芽生えてますね。

購入作品を選ぶ基準はありますか?

そういう応援する気持ちは買う基準というものにも関わってくると言えるのですが、
でもどちらかというと作家さん個人に、というよりも作家さんが表現していることになにかそれを応援したくなるようなことがあれば、そういう方が強いですよね。それはけっきょく作家イコール作品となるかもしれませんが。その作品の世界観がもっと多くの人と共有できたら楽しいだろうなという思いが強いですよね。

そういう期待感から言うと、逆に一発屋みたいなたまたま撮れてしまったみたいなアイディア作品ではないところも見ていて、そういうのはあまり買いたくはないというか・・たまたま撮れた作品というよりは、その人の世界観や表現したいもの、価値観とも言えるとも思うのですが、そういうものがしっかり見えている作品を買うケースが多いですよね。その方が買いやすいとも思うんですよね。

写真作品以外にも買っているものはありますか?

今のところ写真のみですね。写真以外にも欲しいとも思ったりもしますけど。
まだ写真以外だとわからない点も多いというか共感の幅みたいなところでも今は、という感じですね。

写真は一方で現代アートの分野にも関わってくるじゃないですか、そういう近そうなところはいかがですか?

そうですね、写真も現代アートのジャンルもありますよね。そうすると現代アートを基準に置くと、現代アートの中でいろんな手法の内のひとつみたいな感じになってしまうので・・実は買おうとしたこともあるんですよ。でもそれは売り切れで買えなくて。ただその人の作品を写真に撮った作品は持ってるから、まぁ良いかなと。

<…後半に続く>

 

フォトニコ・ファイナル

展示するとともに、買ってみる・買ってもらうがどんな行為か経験してみること。締切を設定して制作すること。同じ方向性を向く仲間ができること。フォトニコに参加することで見いだせることは数多くあると考えています。継続して参加して頂いている方、過去に参加したことのある方、いつか参加しようと思っていた方、ぜひ今年もご検討よろしくお願いいたします!

 

パリフォト・サテライト展示 -nico-

フォトニコ延長企画として フランス展示(11月)も併せてご検討ください。

スマホ用

関連記事

【海外写真コンペ情報 vol.11】IPA2015年の応募について

2015年 IPA(International Photography Awards) 〆切は6月3

記事を読む

SDカードについて その1:ちょっと懐かしいお話

このサイトはベテランからカメラをはじめたばかりの方まで広くご覧いただいています。時にはマジメなもしく

記事を読む

正解ってなんだろう? SHIDAX CULTURE WORKS 体験写真教室のこと。

先日SHIDAX CULTURE WORKSで本講座前の体験講座を行いました。 体験講座とはど

記事を読む

【海外写真コンペ情報 vol.3】けっこうみんな出しているPX3

PX3(Prix de la Photographie, Paris) 海外写真コンペの紹介は最初

記事を読む

写真事務所の求人情報

写真を趣味で写真をはじめてみたもの、続けているうちに仕事としてやっていけたらと思うことがあるかと思い

記事を読む

【海外写真コンペ情報 vol.8】IPAとPX3が一緒なわけ

IPA と PX3 はなんで根っこが一緒なのか? それは、International Photog

記事を読む

写真販売ロジック1:斜め横からつながる

フォトニコに3回参加したことを踏まえて、あくまで個人的な見解ですが「ひとつの本多ロジック (全4話)

記事を読む

【海外写真コンペ情報 vol.7】International Photography Awards(IPA)について

PX3とIPAはどうやら根っこが一緒なので、PX3の次のテーマとしてInternational Ph

記事を読む

【海外写真コンペ情報 vol.9】International Photography Awards、今年の審査員

さて、IPAはPX3よりも審査員が多くリストされていて100名以上います。   Dav

記事を読む

【海外写真コンペ情報 vol.4】 PX3の「毎年コンペ」と「テーマ別コンペ」

PX3では毎年春頃に開催のコンペがオープンになっています。それが The 2015 Px3 Annu

記事を読む

スマホ用

スマホ用

  • <2016年>
    ・点数:32点
    ・総額:365,200円
    (Tokyo Institute of Photography)

    <2015年>
    ・点数:191点
    ・総額:1,225,956円
    (渋谷ギャラリー・ルデコ)

    <2014年>
    ・点数:141点
    ・総額:1,233,925円
    (渋谷ギャラリー・ルデコ)

【豪徳寺AIR】 作家と実験・体験する空間

フォトニコ開催からしばらく経ちましたが、その後フォトニコOBと顔をお合

佐藤 真那人写真展「静謐」@キヤノンギャラリー銀座

2016年フランス展示メンバー、佐藤 真那人がキヤノンギャラリー銀座に

佐々木 俊明「美しい嘘」 A.W.P Selection 2018-次世代を担う写真家たち-

2017年パリ展示メンバーの佐々木 俊明が本日より開催の企画グループ展

第3回 Art Potluck 開催レポート

6/2(土)に開催された、第3回 Art Potluck 開催レポート

2018年パリフォト・サテライト展示 -nico-

2016年11月にプロトタイプ企画として、パリフォト・サテライト展示を

PAGE TOP ↑