写真販売ロジック3:視点のわけまえ

公開日: : 最終更新日:2017/04/11 作品制作のヒント

写真販売ロジック1:斜め横からつながる
写真販売ロジック2:心おきなく売る で新しい機会と立場をお伝えしました。
続いて、写真販売ロジック3:視点のわけまえ です。
 

新しい視点を考えられる場でもある

コンスタントに買っていただいている経験から、少しコツのような話をすると(とはいえテクニックみたいなのはあるようでないのですが)、一番大事なのは「独りよがりにならない」「相手を想う」ということです。ここがけっこう抜けている人は多い。そして、この視点は応用すると海外での評価軸にもつながります。「その写真のシリーズは社会とどのような接点を持っているか」という話です。

自分の世界観を作り上げるのは非常に重要なことですが、「独自」「独特」は違う、そんなニュアンスです。観覧者の人にとってなにかしら感情が起きるということはその人の琴線に触れているということで、そこから「欲しい」と思ってもらえるとしたら、それはこれまで普通に観覧して「すごい」「キレイ」「かっこいい」etc…みたいな感想からもう一歩、その人のパーソナルな部分に、踏み込んでいけた・・どちらかというと、むこうから歩み寄ってくれる?そんなパズルのピースがはまるような感じだと思います。

片思いは往々にして成就しないってことです。日本人はだいぶ「自己完結”ポエム”」に安住しがちな気がしてならないので。それはそれで突き詰めていけば良いいですけど。他者との関係性という点において「写真」というビジュアルを介すること、というのを考えてみると良いかと。むしろ僕は人と人だけの話の方がよほど難しい気がしています(ホントに)。相手にとっても「自分ごとになる」写真は文化も言語も越えるんだなと昨年のフランスでそんなことも実感してきました。

自分のキャラクタープロジェクトの本質も出しつつ、キチンとコミュニケーションもできる。そんな作品…言ってて自分自身へハードル上がってきた感ハンパないですが、そんなことをちょっと考えて制作できると、きっと思わぬ人から「もしよかったら…」と言ってもらえると思うのです。

 

 

フォトニコ・ファイナル

展示するとともに、買ってみる・買ってもらうがどんな行為か経験してみること。締切を設定して制作すること。同じ方向性を向く仲間ができること。フォトニコに参加することで見いだせることは数多くあると考えています。継続して参加して頂いている方、過去に参加したことのある方、いつか参加しようと思っていた方、ぜひ今年もご検討よろしくお願いいたします!

 

パリフォト・サテライト展示 -nico-

フォトニコ延長企画として フランス展示(11月)も併せてご検討ください。
 

パリ展示 ブックやシートプリントも注目されていた

スマホ用

関連記事

【海外写真コンペ情報 vol.2】オンラインでチャレンジできる海外コンペ

コンペってなに? そもそもコンペってなんだという話をすると、写真雑誌とかでよくある投稿コンテストみ

記事を読む

【海外写真コンペ情報 vol.6】 PX3 応募方法

PX3応募方法の基本的な流れとしては、以下の感じです。 はじめての場合は、アカウント登録します

記事を読む

【海外写真コンペ情報 vol.5】 PX3 過去の入選作品を見る

「とりあえず応募してみればいいじゃん。やればわかるさ」とい言いたいところですが、上手い写真を撮るため

記事を読む

【海外写真コンペ情報 vol.9】International Photography Awards、今年の審査員

さて、IPAはPX3よりも審査員が多くリストされていて100名以上います。   Dav

記事を読む

SDカードについて その1:ちょっと懐かしいお話

このサイトはベテランからカメラをはじめたばかりの方まで広くご覧いただいています。時にはマジメなもしく

記事を読む

作家への興味 セルフプロデュース

昨晩のことですが、以前にご紹介した企画写真展 mazell-Be!(マゼルベ)のトークイベントに伺い

記事を読む

写真販売ロジック2:心おきなく売る

前回「写真販売ロジック1:斜め横からつながる」からの続きです。「買ってもらう」あるいは「買いたい!」

記事を読む

写真販売ロジック1:斜め横からつながる

フォトニコに3回参加したことを踏まえて、あくまで個人的な見解ですが「ひとつの本多ロジック (全4話)

記事を読む

PhotoNicoコレクターインタビュー:鈴木雄二の場合<前半>

作品を最初に買ったのはいつ頃ですか? 15年〜20年前くらい(正確にいつっていうのは覚えて

記事を読む

海外活動につながった事例紹介

2014年に参加された、1F展示 山本 春花 氏、2F展示 三浦 咲恵 氏はフォトニコ展示をきっかけ

記事を読む

スマホ用

スマホ用

  • <2016年>
    ・点数:32点
    ・総額:365,200円
    (Tokyo Institute of Photography)

    <2015年>
    ・点数:191点
    ・総額:1,225,956円
    (渋谷ギャラリー・ルデコ)

    <2014年>
    ・点数:141点
    ・総額:1,233,925円
    (渋谷ギャラリー・ルデコ)

佐々木 俊明「美しい嘘」 A.W.P Selection 2018-次世代を担う写真家たち-

2017年パリ展示メンバーの佐々木 俊明が本日より開催の企画グループ展

第3回 Art Potluck 開催レポート

6/2(土)に開催された、第3回 Art Potluck 開催レポート

2018年パリフォト・サテライト展示 -nico-

2016年11月にプロトタイプ企画として、パリフォト・サテライト展示を

久保 誠 写真展「海中肖像写真」kumako

kumakoこと久保 誠氏がエプソンイメージングギャラリー エプサイト

6/2(土)2018年フランス展示の問い合わせ

先に紹介したよう、6/2(土)フランス凱旋展示としてart Potlu

PAGE TOP ↑