【海外写真コンペ情報 vol.2】オンラインでチャレンジできる海外コンペ

公開日: : 最終更新日:2017/04/18 作品制作のヒント

コンペってなに?

そもそもコンペってなんだという話をすると、写真雑誌とかでよくある投稿コンテストみたいなものです。インターネットの発達で、国内外問わず多くの団体がオンラインで完結する公募コンテストを展開しています。

国内で登竜門として目標の1つに挙げられる写真新世紀1_WALLなどは一定のボリュームから用意する必要がありますが、ほとんどのオンラインコンペは画像データをアップロードするだけで完了するので敷居が低いのです。しかも一枚からチャレンジができます(複数セットでも10枚前後が通常)。

その一枚から世界への扉が開くかもしれません。

 

「写真 コンペ 海外」で検索すると

「写真 コンペ 海外」でWEB検索して1ページ目にリストされたオンラインコンペです。

ソニーワールドフォトグラフィーアワード

50130_11

ONWARD

50130_12

東京インターナショナルフォトグラフィーコンペティション

Print

 

広い視点を持つ

なによりも、ワールドワイドな視点を持つことで作品への意識がより深いものになると思います。海外コンペは過去の受賞作品もけっこう公開されていてそれらを見るだけでも刺激になります。

自分はそのかいあってか、CP+と併催の大規模グループ展御苗場 vol.14 横浜で海外レビュアーのノミネートをいただきました。

 

御苗場 レビュワー賞

余談になりますが、御苗場 vol.14 横浜はフォトニコ参加経験のある3名がレビュー賞を受賞しました。

  • 浦野 航気(寺内俊博氏セレクト 過去2回参加)
  • HANZAWA Yumiko(スコット・グレイ氏セレクト 過去1回参加)
  • 原田 みずき(金子隆一氏セレクト 過去2回参加)

参加者一覧(2014年)
参加者一覧(2013年)

IMG_1191

 

英語が必要?

よく「英語が必要ですよね」と言われますが、実際のところ義務教育までの英語で対応できます。作品に添付する紹介文で優劣決まるものではないので、崇高な文章を書く必要はありません。

極端な話、単語が並んでいるだけでもOK、「ダイタイ イイタイコトハ ワカッタ」と思ってもらえれば十分なのです。

IMG_1293

 

>> 【海外写真コンペ情報 vol.1】 海外コンペに目を向ける

 

書いたのはこの人:本多 俊一

50126_24
1981年愛知県生まれ。グラフィックデザイナー/フォトグラファー。
ブログ:本多俊一の周辺考察

  • 御苗場vol.14 Scott Gray レビュアー賞ノミネート
  • 海外フォトコンペPX3:Honorable Mention
  • 展示:RICOH A.W.Pにてグループ展 など

 

フォトニコ・ファイナル

展示するとともに、買ってみる・買ってもらうがどんな行為か経験してみること。締切を設定して制作すること。同じ方向性を向く仲間ができること。フォトニコに参加することで見いだせることは数多くあると考えています。継続して参加して頂いている方、過去に参加したことのある方、いつか参加しようと思っていた方、ぜひ今年もご検討よろしくお願いいたします!

 

パリフォト・サテライト展示 -nico-

フォトニコ延長企画として フランス展示(11月)も併せてご検討ください。

スマホ用

関連記事

写真販売ロジック2:心おきなく売る

前回「写真販売ロジック1:斜め横からつながる」からの続きです。「買ってもらう」あるいは「買いたい!」

記事を読む

写真販売ロジック1:斜め横からつながる

フォトニコに3回参加したことを踏まえて、あくまで個人的な見解ですが「ひとつの本多ロジック (全4話)

記事を読む

【ギャラリー・コレクター注目の作品賞】活動の場が広がる!?

海外活動につながった事例紹介 に掲載したよう、フォトニコ展示をきっかけに 山本 春花 氏、三浦 咲恵

記事を読む

写真事務所の求人情報

写真を趣味で写真をはじめてみたもの、続けているうちに仕事としてやっていけたらと思うことがあるかと思い

記事を読む

【海外写真コンペ情報 vol.9】International Photography Awards、今年の審査員

さて、IPAはPX3よりも審査員が多くリストされていて100名以上います。   Dav

記事を読む

【海外写真コンペ情報 vol.6】 PX3 応募方法

PX3応募方法の基本的な流れとしては、以下の感じです。 はじめての場合は、アカウント登録します

記事を読む

【海外写真コンペ情報 vol.1】 海外コンペに目を向ける

写真を売って盛り上げたい!というのがフォトニコの目的で、写真コンペは路線が違うかもしれませんが、海外

記事を読む

SDカードについて その1:ちょっと懐かしいお話

このサイトはベテランからカメラをはじめたばかりの方まで広くご覧いただいています。時にはマジメなもしく

記事を読む

SDカード その3:数あるメーカーの中でどれを選ぶ?

SDカード(記録メディア)の紹介をしてきました。今回は、“その3:数あるメーカーの中でどれを選ぶ?”

記事を読む

【海外写真コンペ情報 vol.11】IPA2015年の応募について

2015年 IPA(International Photography Awards) 〆切は6月3

記事を読む

スマホ用

スマホ用

  • <2016年>
    ・点数:32点
    ・総額:365,200円
    (Tokyo Institute of Photography)

    <2015年>
    ・点数:191点
    ・総額:1,225,956円
    (渋谷ギャラリー・ルデコ)

    <2014年>
    ・点数:141点
    ・総額:1,233,925円
    (渋谷ギャラリー・ルデコ)

【豪徳寺AIR】 作家と実験・体験する空間

フォトニコ開催からしばらく経ちましたが、その後フォトニコOBと顔をお合

佐藤 真那人写真展「静謐」@キヤノンギャラリー銀座

2016年フランス展示メンバー、佐藤 真那人がキヤノンギャラリー銀座に

佐々木 俊明「美しい嘘」 A.W.P Selection 2018-次世代を担う写真家たち-

2017年パリ展示メンバーの佐々木 俊明が本日より開催の企画グループ展

第3回 Art Potluck 開催レポート

6/2(土)に開催された、第3回 Art Potluck 開催レポート

2018年パリフォト・サテライト展示 -nico-

2016年11月にプロトタイプ企画として、パリフォト・サテライト展示を

PAGE TOP ↑