SDカードについて その1:ちょっと懐かしいお話

公開日: : 最終更新日:2014/03/28 作品制作のヒント

このサイトはベテランからカメラをはじめたばかりの方まで広くご覧いただいています。時にはマジメなもしくはマニアックな内容になるかもしれませんが、カメラを買ったばかりの方にも頷いていただけるような事などを書いていきたいものです。

そこで今回は3回に分けて、誰もが持っているであろうSDカードについてお伝えします。

  • その1:ちょっと懐かしいお話
  • その2:規格と処理スピードの実測テスト
  • その3:数あるメーカーの中でどれを選ぶ?

10年以上前のことですが、その頃はデジカメを買うとオマケ(テスト用?)に記録メディアが付いていました。

この写真は私が当時使っていたもので、もちろん今も動作OKです。

0327_01

この当時のコンパクトデジカメは100~300万画素程度でした。

一方、今では多くの方が持っている一眼レフタイプのデジカメは、ごく一部のプロのみ使っていた非常に高価なものでしたので、まず見ることはなかったです。

うる覚えですが、200万画素のものであればだいたい1枚あたりの容量が1MB(JPEGラージサイズ・ファインの場合)で、例えば上記写真の16MBだと16枚くらい撮れます。

現在見かけることは稀ですが、利用者の多くは64MBか128MBの記録メディアを持っていてそれぞれ64枚・128枚くらい撮れた訳です。

たった64枚!?と思うかもしれませんが、当時は24枚撮り・36枚撮りのフィルムが主流でしたので、1泊2日程度の旅行でも十分に満足できるものでした。
(撮って確認 → 失敗したら消すという作業を今よりしていたように思います)

SDカードではないですが、映画ミッション・インポッシブルで極秘情報をCFカードで受け渡すシーンがあり、それは4MB程度のCFカードだったかと。

当時は高価なものだったと思いますが、今となっては4MBの記録メディアに画像1枚も入らないかも知れません。。

“その1” はちょっと懐かしいお話でした。続いて、“その2:規格と処理スピードの実測テスト” はちょっとマジメなお話です。

<オマケ>
0327_02

トム・クルーズが手にしたCFカードよりはるかに大容量の32MBのCFカードです。

よく見てくださいねー!32GBでなくて32MBですよ。(笑)

スマホ用

関連記事

【海外写真コンペ情報 vol.7】International Photography Awards(IPA)について

PX3とIPAはどうやら根っこが一緒なので、PX3の次のテーマとしてInternational Ph

記事を読む

【ギャラリー・コレクター注目の作品賞】活動の場が広がる!?

海外活動につながった事例紹介 に掲載したよう、フォトニコ展示をきっかけに 山本 春花 氏、三浦 咲恵

記事を読む

【海外写真コンペ情報 vol.1】 海外コンペに目を向ける

写真を売って盛り上げたい!というのがフォトニコの目的で、写真コンペは路線が違うかもしれませんが、海外

記事を読む

【海外写真コンペ情報 vol.10】IPAで受賞すると、the LUCIE AWARDSで表彰される

the LUCIE AWARDSの授賞式 IPAで入賞するとWebサイト上で発表もされるのですが、

記事を読む

【海外写真コンペ情報 vol.2】オンラインでチャレンジできる海外コンペ

コンペってなに? そもそもコンペってなんだという話をすると、写真雑誌とかでよくある投稿コンテストみ

記事を読む

【海外写真コンペ情報 vol.4】 PX3の「毎年コンペ」と「テーマ別コンペ」

PX3では毎年春頃に開催のコンペがオープンになっています。それが The 2015 Px3 Annu

記事を読む

写真作品のエディション(edition)について

「エディションって何ですか?」「エディションはどうやって設定すればいいですか?」フォトニコ会期が迫っ

記事を読む

【海外写真コンペ情報 vol.11】IPA2015年の応募について

2015年 IPA(International Photography Awards) 〆切は6月3

記事を読む

【海外写真コンペ情報 vol.8】IPAとPX3が一緒なわけ

IPA と PX3 はなんで根っこが一緒なのか? それは、International Photog

記事を読む

【海外写真コンペ情報 vol.3】けっこうみんな出しているPX3

PX3(Prix de la Photographie, Paris) 海外写真コンペの紹介は最初

記事を読む

スマホ用

スマホ用

  • <2016年>
    ・点数:32点
    ・総額:365,200円
    (Tokyo Institute of Photography)

    <2015年>
    ・点数:191点
    ・総額:1,225,956円
    (渋谷ギャラリー・ルデコ)

    <2014年>
    ・点数:141点
    ・総額:1,233,925円
    (渋谷ギャラリー・ルデコ)

フォトニコ2017 販売報告

2017年 販売結果 フォトニコ2017は改装後、新装直後の渋谷ギャ

フォトニコ2017 ファイナル 終了!!

5回目の開催となるフォトニコ2017は、4日間の展示期間経て無事終了い

購入・入札期限は最終日14:00です!

昨日は寫眞喫茶アウラ舎 蚤の市の開催、招待作家・Alt_Mediumの

会期中トークイベント まとめ

すでに告知していたもの、急遽開催予定が立ったものなど会期中イベントをま

夕方からBEER TIME開催します!

通常ギャラリースペースは飲食禁止ですが19時ごろから5Fにて、アルコー

PAGE TOP ↑