【海外写真コンペ情報 vol.11】IPA2015年の応募について

公開日: : 最終更新日:2017/04/18 作品制作のヒント

2015年 IPA(International Photography Awards) 〆切は6月30日に延長されました。

50503_1
 

IPA応募について

応募方法は PX3 とほぼ同じです。(たぶん、こんな理由かと推測します。)

メンバー登録

メンバー登録・ログイン後、「SUBMIT NEW ENTRY」から応募目的のページへ

申込みフォーム

作家名を入れる
作品タイトルを入れる
撮影日
その他写真に必要なクレジット(肖像・著作てきな権利情報)あれば
一枚かシリーズかを選択
プロかそうでないかを選択
作品解説を入れる(過去の受賞者見てもそれほど気合入れて書く必要もなさそうです。たぶん短く語る方が良い。一行とか簡単な一言二言でいいかと思います。)
応募するカテゴリーを選択して
規約に同意
クーポンコードはあれば。

<作品データ送信>
・画像データを選択して[送信]します。
送信画像に関する仕様はどこのコンペも大抵「FAQ」のページがあるので、それを探して読んでみてください。多くの場合、注目するポイントとしては「長辺のサイズ」「容量制限」「解像度」でしょうか。
Digital submissions must be no larger than 1000 Pixels in either height or width and saved as Jpegs (.jpg), in RGB format and not exceed 4MB per file, at 72dpi.
これによると、jpg形式で72dpiで、長辺1000pxを”超えない”でね、あと一枚の容量も4MB以下で、ということが書かれています。
特に長辺はコンペによって、1500pxまでいいよ、とか800以上1200未満、とか指定がマチマチなので要確認です。

<支払い>
購入にはクレジットカードが便利だと思います。コンペによってはPaypalなどの対応もあると思います。

エントリー完了すると、マイページでちゃんとエントリーできているか、支払いも済んでいるか、確認ができるはずです。

あとは気長に待ちましょう。

なお、入選した結果とかはキチンと連絡来ない場合が多々あるような気がします。
上位3つに入ればちゃんとくるのかもしれませんが、
いずれにせよ、そういうとこはやはり「外国である」と思って自分から能動的に見に行くのが良いと思います。

入賞すると…

ここで改めて賞を取った際の項目を確認してみましょう。
– Be Honored by receiving the coveted Lucie Statue at the Lucie Awards Gala
– Be Published in the IPA Annual Book of Photography
– Be Featured in the IPA Best of Show Exhibition in New York City
– Win over $22,000 in cash prizes
像がもらえるのは前の記事でお伝えした通りです。
さらにIPAの写真集(その年毎の)に掲載されて、ニューヨークで開催される”IPA Best of Show”で特集される。そして2万2千ドル以上の賞金が用意されています。

賞金の振り分けは、
”International Photographer of the Year Award”が1万ドル
”Discovery of the Year Award”が5千ドル
”Deeper Perspective of the Year Award”も5千ドル
”Moving Image Photographer of the Year Award”が2千5百ドル

佳作入賞でも充分素晴らしいことだと思いますが、もっと将来的な活動のためにもぜひ高みを目指したいですね!

050503_2

 

書いたのはこの人:本多 俊一

50126_24
1981年愛知県生まれ。グラフィックデザイナー/フォトグラファー。
ブログ:本多俊一の周辺考察

  • 御苗場vol.14 Scott Gray レビュアー賞ノミネート
  • 海外フォトコンペPX3:Honorable Mention
  • 展示:RICOH A.W.Pにてグループ展 など

 

フォトニコ・ファイナル

展示するとともに、買ってみる・買ってもらうがどんな行為か経験してみること。締切を設定して制作すること。同じ方向性を向く仲間ができること。フォトニコに参加することで見いだせることは数多くあると考えています。継続して参加して頂いている方、過去に参加したことのある方、いつか参加しようと思っていた方、ぜひ今年もご検討よろしくお願いいたします!

 

パリフォト・サテライト展示 -nico-

フォトニコ延長企画として フランス展示(11月)も併せてご検討ください。

スマホ用

関連記事

【海外写真コンペ情報 vol.1】 海外コンペに目を向ける

写真を売って盛り上げたい!というのがフォトニコの目的で、写真コンペは路線が違うかもしれませんが、海外

記事を読む

【海外写真コンペ情報 vol.3】けっこうみんな出しているPX3

PX3(Prix de la Photographie, Paris) 海外写真コンペの紹介は最初

記事を読む

SDカードについて その2:規格と処理スピードの実測テスト

デジタルカメラ用にSDカードを選ぶ時、まず何を基準にするでしょうか?もしかしたら“信頼性”ということ

記事を読む

PhotoNicoコレクターインタビュー:鈴木雄二の場合<前半>

作品を最初に買ったのはいつ頃ですか? 15年〜20年前くらい(正確にいつっていうのは覚えて

記事を読む

【気になる求人情報】 蜷川実花アシスタント・Amazonフォトグラファー

写真事務所の求人情報にあるようにプロカメラマンを目指すのに、必ずしも写真学校をでなくてはいけないとい

記事を読む

【海外写真コンペ情報 vol.8】IPAとPX3が一緒なわけ

IPA と PX3 はなんで根っこが一緒なのか? それは、International Photog

記事を読む

【海外写真コンペ情報 vol.5】 PX3 過去の入選作品を見る

「とりあえず応募してみればいいじゃん。やればわかるさ」とい言いたいところですが、上手い写真を撮るため

記事を読む

【ギャラリー・コレクター注目の作品賞】活動の場が広がる!?

海外活動につながった事例紹介 に掲載したよう、フォトニコ展示をきっかけに 山本 春花 氏、三浦 咲恵

記事を読む

【海外写真コンペ情報 vol.9】International Photography Awards、今年の審査員

さて、IPAはPX3よりも審査員が多くリストされていて100名以上います。   Dav

記事を読む

PhotoNicoコレクターインタビュー:鈴木雄二の場合<後半>

前回に引き続き、PHaT PHOTO写真教室講師で作品のコレクションも長年されている鈴木雄二さん

記事を読む

スマホ用

スマホ用

  • <2016年>
    ・点数:32点
    ・総額:365,200円
    (Tokyo Institute of Photography)

    <2015年>
    ・点数:191点
    ・総額:1,225,956円
    (渋谷ギャラリー・ルデコ)

    <2014年>
    ・点数:141点
    ・総額:1,233,925円
    (渋谷ギャラリー・ルデコ)

佐々木 俊明「美しい嘘」 A.W.P Selection 2018-次世代を担う写真家たち-

2017年パリ展示メンバーの佐々木 俊明が本日より開催の企画グループ展

第3回 Art Potluck 開催レポート

6/2(土)に開催された、第3回 Art Potluck 開催レポート

2018年パリフォト・サテライト展示 -nico-

2016年11月にプロトタイプ企画として、パリフォト・サテライト展示を

久保 誠 写真展「海中肖像写真」kumako

kumakoこと久保 誠氏がエプソンイメージングギャラリー エプサイト

6/2(土)2018年フランス展示の問い合わせ

先に紹介したよう、6/2(土)フランス凱旋展示としてart Potlu

PAGE TOP ↑