写真販売ロジック4:評価とともに責任が生まれる

公開日: : 最終更新日:2017/04/11 作品制作のヒント

写真販売ロジック1:斜め横からつながる
写真販売ロジック2:心おきなく売る
写真販売ロジック3:視点のわけまえ をお伝えしてきました。
最後に、写真販売ロジック4:評価とともに責任が生まれる です。
 

そしていい意味で責任も生まれる。

写真作家は作品が評価されて対価を得ることでこそ生きていけますし、次の作品に取りかかかれるわけで。逆にいうと、売れる度に「次」を期待されるということも同時に感じられると思います。ある種の責任感。作品も「次」があるからさらに価値が上がっていきます。制作をやめるとそこで作品の歩みもとまり一気に風化します。その風化に耐えられるとしたらシビアに作家自身のネームバリューがすでに確立されいてる状況や、その価値向上を次のステージとしてギャラリーやキュレーター側がバトンを持っている状況で、結果的に作家が止まっても作品が独り歩きできる状態まで来ている時です。ぶっちゃけ死んだら場合によってはそこで価値のブーストも効くかもしれません。

と言いつつ、継続していくことはマストで大事なことですし、買ってもらうことでその気持も引き締まるというものです。もちろん会心の一作って感じでも良いんですけど。それって一発屋のピン芸人っぽいですよね。フォトニコは「一歩づつでも歩みを止めない」という作家をより積極的に応援したい場でもあると思います。

 

 

フォトニコ・ファイナル

展示するとともに、買ってみる・買ってもらうがどんな行為か経験してみること。締切を設定して制作すること。同じ方向性を向く仲間ができること。フォトニコに参加することで見いだせることは数多くあると考えています。継続して参加して頂いている方、過去に参加したことのある方、いつか参加しようと思っていた方、ぜひ今年もご検討よろしくお願いいたします!

 

パリフォト・サテライト展示 -nico-

フォトニコ延長企画として フランス展示(11月)も併せてご検討ください。

 

なにかが生まれる…

スマホ用

関連記事

【海外写真コンペ情報 vol.4】 PX3の「毎年コンペ」と「テーマ別コンペ」

PX3では毎年春頃に開催のコンペがオープンになっています。それが The 2015 Px3 Annu

記事を読む

PhotoNicoコレクターインタビュー:鈴木雄二の場合<前半>

作品を最初に買ったのはいつ頃ですか? 15年〜20年前くらい(正確にいつっていうのは覚えて

記事を読む

写真販売ロジック2:心おきなく売る

前回「写真販売ロジック1:斜め横からつながる」からの続きです。「買ってもらう」あるいは「買いたい!」

記事を読む

【海外写真コンペ情報 vol.6】 PX3 応募方法

PX3応募方法の基本的な流れとしては、以下の感じです。 はじめての場合は、アカウント登録します

記事を読む

海外活動につながった事例紹介

2014年に参加された、1F展示 山本 春花 氏、2F展示 三浦 咲恵 氏はフォトニコ展示をきっかけ

記事を読む

PhotoNicoコレクターインタビュー:鈴木雄二の場合<後半>

前回に引き続き、PHaT PHOTO写真教室講師で作品のコレクションも長年されている鈴木雄二さん

記事を読む

写真事務所の求人情報

写真を趣味で写真をはじめてみたもの、続けているうちに仕事としてやっていけたらと思うことがあるかと思い

記事を読む

【作品制作】 プリントスタジオ ENDO プリントや額装の注文・相談

今年も プリントスタジオ ENDO の 遠藤さん に制作のご協力いただきます。ご注文に応じて、6/1

記事を読む

【海外写真コンペ情報 vol.8】IPAとPX3が一緒なわけ

IPA と PX3 はなんで根っこが一緒なのか? それは、International Photog

記事を読む

【海外写真コンペ情報 vol.9】International Photography Awards、今年の審査員

さて、IPAはPX3よりも審査員が多くリストされていて100名以上います。   Dav

記事を読む

スマホ用

スマホ用

  • <2016年>
    ・点数:32点
    ・総額:365,200円
    (Tokyo Institute of Photography)

    <2015年>
    ・点数:191点
    ・総額:1,225,956円
    (渋谷ギャラリー・ルデコ)

    <2014年>
    ・点数:141点
    ・総額:1,233,925円
    (渋谷ギャラリー・ルデコ)

Alt_Medium賞・Assembling Infinity

フォトニコ・ファイナルに活動パートナーオルタナティブスペース/ギャラリ

活動パートナー Alt_Medium 出展

高田馬場に新たなオルタナティブスペース/ギャラリーとして誕生した Al

ルデコ‥思っていた以上に工事現場だったけど期待感は大きかった現場視察

先日の記事、通称「ルデコビル」が「高桑ビル」へ に続き、改装中のルデコ

Kiiro 新作個展『Sakura』

トークイベントやライブペイントなど毎年ご協力いただいているキイロさんの

招待作家:まるやゆういち Yuichi Maruya

PHaT PHOTO写真教室などで独自のグルーブ感とエンターテイメント

PAGE TOP ↑