作家への興味 セルフプロデュース

公開日: : 作品制作のヒント

昨晩のことですが、以前にご紹介した企画写真展 mazell-Be!(マゼルベ)のトークイベントに伺いました。それは作家20名が5分間の持ち時間で、展示作品についてプレゼンテ-ションするという内容です。これは作家から直接の言葉を聞くことでより作品に興味を持ち理解する、そして新たな発見のある機会で、面白く聞かせていただきました。

0330_01

はじめはもちろん作品(写真)に興味を持ちますが、その次のステップとしてその作家本人を知りたいと思うのが自然な流れかと思います。例えば気になる音楽CDを買って、もっと好きになってコンサートに行ってみる。それはもっと近づきたいと思うところにあることと同じかと思います。

フォトニコは作品の売買ができる場所です。会場で作品を見て、いいなあ!と感じたらオークション入札もしくは購入できます。それはもしかしたらそこにある絵柄への評価割合が高めにあるのかも知れません。

昨年のフォトニコ終了後、しばらく経ってから作品を買いたいという連絡があってその後に売買成立したという話を聞きました。おそらくそれは帰宅してからその作家ののWEBサイトやブログを見て、その人への興味もったこと、そしてその人への応援が含まれるのではないかと想像します。

今となって写真は誰にでも撮れる簡単なものとなりました。でも不思議とそこにその人が写っていると感じざるを得ない作品が多々あり、そういったものが評価されているようです。撮影技術や何が写っているかでなく、評価・賞賛が作家の軸となる部分にあることが多いと最近強く感じるようになりました。

そこでふと思ったのですが、セルフプロデュースを多少なりとも意識すると作品を見てもらう機会が増え、より理解してもらえるかも知れません。

スマホ用

関連記事

【海外写真コンペ情報 vol.4】 PX3の「毎年コンペ」と「テーマ別コンペ」

PX3では毎年春頃に開催のコンペがオープンになっています。それが The 2015 Px3 Annu

記事を読む

写真販売ロジック2:心おきなく売る

前回「写真販売ロジック1:斜め横からつながる」からの続きです。「買ってもらう」あるいは「買いたい!」

記事を読む

【気になる求人情報】 蜷川実花アシスタント・Amazonフォトグラファー

写真事務所の求人情報にあるようにプロカメラマンを目指すのに、必ずしも写真学校をでなくてはいけないとい

記事を読む

【海外写真コンペ情報 vol.1】 海外コンペに目を向ける

写真を売って盛り上げたい!というのがフォトニコの目的で、写真コンペは路線が違うかもしれませんが、海外

記事を読む

【海外写真コンペ情報 vol.7】International Photography Awards(IPA)について

PX3とIPAはどうやら根っこが一緒なので、PX3の次のテーマとしてInternational Ph

記事を読む

【海外写真コンペ情報 vol.9】International Photography Awards、今年の審査員

さて、IPAはPX3よりも審査員が多くリストされていて100名以上います。   Dav

記事を読む

写真事務所の求人情報

写真を趣味で写真をはじめてみたもの、続けているうちに仕事としてやっていけたらと思うことがあるかと思い

記事を読む

正解ってなんだろう? SHIDAX CULTURE WORKS 体験写真教室のこと。

先日SHIDAX CULTURE WORKSで本講座前の体験講座を行いました。 体験講座とはど

記事を読む

SDカード その3:数あるメーカーの中でどれを選ぶ?

SDカード(記録メディア)の紹介をしてきました。今回は、“その3:数あるメーカーの中でどれを選ぶ?”

記事を読む

SDカードについて その1:ちょっと懐かしいお話

このサイトはベテランからカメラをはじめたばかりの方まで広くご覧いただいています。時にはマジメなもしく

記事を読む

スマホ用

スマホ用

  • <2016年>
    ・点数:32点
    ・総額:365,200円
    (Tokyo Institute of Photography)

    <2015年>
    ・点数:191点
    ・総額:1,225,956円
    (渋谷ギャラリー・ルデコ)

    <2014年>
    ・点数:141点
    ・総額:1,233,925円
    (渋谷ギャラリー・ルデコ)

【豪徳寺AIR】 作家と実験・体験する空間

フォトニコ開催からしばらく経ちましたが、その後フォトニコOBと顔をお合

佐藤 真那人写真展「静謐」@キヤノンギャラリー銀座

2016年フランス展示メンバー、佐藤 真那人がキヤノンギャラリー銀座に

佐々木 俊明「美しい嘘」 A.W.P Selection 2018-次世代を担う写真家たち-

2017年パリ展示メンバーの佐々木 俊明が本日より開催の企画グループ展

第3回 Art Potluck 開催レポート

6/2(土)に開催された、第3回 Art Potluck 開催レポート

2018年パリフォト・サテライト展示 -nico-

2016年11月にプロトタイプ企画として、パリフォト・サテライト展示を

PAGE TOP ↑