正解ってなんだろう? SHIDAX CULTURE WORKS 体験写真教室のこと。

公開日: : 作品制作のヒント

先日SHIDAX CULTURE WORKSで本講座前の体験講座を行いました。

体験講座とはどんな講師なのか、どのような内容なのか直接会って、お話をする場所です。

0324_02

CULTURE WORKS は様々なスクールを開催していますが、写真に関することは初めてということで、意気込んで当日を迎えました。
そこで私は様々な質問に対応できるよう、ベーシックな撮影技術やシーン別の作例を沢山持っていったのですが、まったく必要なかったのです。

ご参加頂いた方はそういった技術に頼らない作りたいイメージがあって、それら共有しあう空間となって、あっという間に時間が過ぎていました。

私は講師という立場でしたが私もコンペに出している側ですので、表現に向き合う上では講師・生徒間に差を感じない議論が楽しく、そして嬉しかったです。
(まあそれは、講師という立場上もしかしたら良くないのかも知れませんが。)

0324_01
こちらの写真中央はおみやげに用意したインスタントフィルムです。

4×5の大判カメラと5mのレリーズコードを使って、ご参加の皆さんにセルフポートレートを撮ってもらいました。

つまり、自分でシャッターを切ってもらいました。

フィルムはISO100、レンズは210mmです。
開放でピントを合わせるのは厳しかったので1段絞ってSSは1sec。
スローシャッターですので撮影した半数はブレていましたが、アナログの場合はむしろそうあったほうがなんだかいい。
最近になって、よりいとおしく感じるようになりました。

正解というのは揺らぎがあったほうが面白いのかもしれないし、むしろ正解なんてない方がいいのかもしれません。

スマホ用

関連記事

【海外写真コンペ情報 vol.4】 PX3の「毎年コンペ」と「テーマ別コンペ」

PX3では毎年春頃に開催のコンペがオープンになっています。それが The 2015 Px3 Annu

記事を読む

PhotoNicoコレクターインタビュー:鈴木雄二の場合<前半>

作品を最初に買ったのはいつ頃ですか? 15年〜20年前くらい(正確にいつっていうのは覚えて

記事を読む

【海外写真コンペ情報 vol.7】International Photography Awards(IPA)について

PX3とIPAはどうやら根っこが一緒なので、PX3の次のテーマとしてInternational Ph

記事を読む

フィルムカメラが無料レンタルできる!?KLASSE Wを使ってみよう!!

デジタルカメラは便利で使いやすいですが、 フィルムカメラも使ってみたいですよね。 機会があっ

記事を読む

消費税増税前に何を買うべきか?3つのパターンについて

消費税増税前の最後の1日となりました。日付をまたいだ瞬間にコンビニ・自販機など会計金額が変わります。

記事を読む

【海外写真コンペ情報 vol.11】IPA2015年の応募について

2015年 IPA(International Photography Awards) 〆切は6月3

記事を読む

【ギャラリー・コレクター注目の作品賞】活動の場が広がる!?

海外活動につながった事例紹介 に掲載したよう、フォトニコ展示をきっかけに 山本 春花 氏、三浦 咲恵

記事を読む

【海外写真コンペ情報 vol.5】 PX3 過去の入選作品を見る

「とりあえず応募してみればいいじゃん。やればわかるさ」とい言いたいところですが、上手い写真を撮るため

記事を読む

【作品制作】 プリントスタジオ ENDO プリントや額装の注文・相談

今年も プリントスタジオ ENDO の 遠藤さん に制作のご協力いただきます。ご注文に応じて、6/1

記事を読む

【海外写真コンペ情報 vol.6】 PX3 応募方法

PX3応募方法の基本的な流れとしては、以下の感じです。 はじめての場合は、アカウント登録します

記事を読む

スマホ用

スマホ用

  • <2016年>
    ・点数:32点
    ・総額:365,200円
    (Tokyo Institute of Photography)

    <2015年>
    ・点数:191点
    ・総額:1,225,956円
    (渋谷ギャラリー・ルデコ)

    <2014年>
    ・点数:141点
    ・総額:1,233,925円
    (渋谷ギャラリー・ルデコ)

【豪徳寺AIR】 作家と実験・体験する空間

フォトニコ開催からしばらく経ちましたが、その後フォトニコOBと顔をお合

佐藤 真那人写真展「静謐」@キヤノンギャラリー銀座

2016年フランス展示メンバー、佐藤 真那人がキヤノンギャラリー銀座に

佐々木 俊明「美しい嘘」 A.W.P Selection 2018-次世代を担う写真家たち-

2017年パリ展示メンバーの佐々木 俊明が本日より開催の企画グループ展

第3回 Art Potluck 開催レポート

6/2(土)に開催された、第3回 Art Potluck 開催レポート

2018年パリフォト・サテライト展示 -nico-

2016年11月にプロトタイプ企画として、パリフォト・サテライト展示を

PAGE TOP ↑